2019/6/21 金曜日

卒業生が遊びにきてくれました(^^)/

Filed under: 柔道整復科, 理学療法科 — yo @ 18:03:53

2013年度柔道整復科、2014年度理学療法科を卒業した

瀬口くん(福岡講倫館高校卒業)が遊びにきてくれました(^^)/

現在、理学療法士としてマリン病院で働いています。

IMG_9382.jpg

「理学療法士として5年になります。

まだまだ勉強することばかりですが・・理学療法士として患者さんに頼っていただけるよう

これからもがんばっていきます」

他の卒業生のみなさんも遊びにきてくださいね\(^o^)/

2019/6/19 水曜日

理学療法科3年生

Filed under: 理学療法科 — yo @ 16:15:10

評価実習を控えている理学療法科3年生たちは、

放課後もクラスメイトと一緒に練習を行っています。

image1.png

これは大臀筋のnormal検査をしているところです。

Instagramのストーリーやtwitterにその様子をあげているのでチェックしてみてくださいね(^^)/

2019/6/18 火曜日

ドクターハートのつぶやき(53)

Filed under: プライベート — yo @ 14:07:29

植込み型ループレコーダー(ILR

福岡医療専門学校  顧問 桑木絅一(循環器専門医)

 

 

不整脈、特に失神発作と関連する不整脈は、可及的速やかに診断し、

重大事故の予防に努めなければなりません。

不整脈の診断には、心電図検査が必須ですが、危険な不整脈が常に存在するわけではありません。

ホルター心電図検査は、不整脈の診断ツールとして、広く用いられています。これは、長時間にわたり(通常24時間)心電図記録を行い、それをメモリーチップに保存、後で症状出現のタイミングと突合せて、症状が不整脈と関連するかどうか、検討するものです。しかし、検査中にイベントが出現しないことも多く、より長時間のモニターが望まれていました。

今回紹介する「植込み型ループレコーダーILR:implantable loop recorderは、この要望を叶えるものと期待され、臨床の現場に普及してきている『新星』です。

これは、親指大の機器で、左前胸部に小切開を加え、鈍的に皮下に留置するもので、リード線もありません。心電図を約3年間発信し続け、インターネットを介して、診察室などの基地で、リアルタイムに心電図を受信することができます。

すなわち、危険な不整脈を感知した時、迅速に対応出来ることになります。また、この間のホルター機能も持ち合わせることになります。最近、この機器による診断法は、保険適応となりましたので、不整脈の診断、ことに、失神の原因として、心室細動や高度ブロックなどの不整脈が考えられるとき、本機は、必要不可欠なものとなるでしょう。

2019/6/13 木曜日

6/16(日)オープンキャンパスのお知らせ

Filed under: オープンキャンパス・学校見学 — yo @ 17:29:21

6/16(日)は入試説明会[ランチ付]です。

入試担当者による入試説明はもちろん、在校生による入試対策をみなさまにお伝えします。

AO入試や推薦入試、一般入試を受験予定の方は必見です。

IMG_8577.jpg

当日参加可能!

お待ちしております(^^)/

2019/6/6 木曜日

各県個人相談会のお知らせ

Filed under: オープンキャンパス・学校見学 — yo @ 15:39:59

6/16(日)に

大村・人吉・大分・宮崎・都城・鹿児島・那覇の 個人相談会が開催されます。

各地区出身の在校生もスタッフとして参加します!

ぜひご参加ください。

詳しくはこちら
TSU_6213_M_R.jpg

2019/6/3 月曜日

診療放射線科1年生「大濠公園」へ

Filed under: 診療放射線科 — yo @ 15:11:58

IMG_9208.JPG

診療放射線科1年生が大濠公園へ行ってきました!

IMG_9209.JPG

みなさん楽しそうにランニングをしていましたよ〜

入学から2ヶ月が経ちだいぶ学校生活に慣れ、

クラスメイトとの仲も深まっているようです。

2019/5/30 木曜日

ドクターハートのつぶやき

Filed under: プライベート — yo @ 13:31:14

高血圧性心不全                    福岡医療専門学校  顧問 桑木絅一(循環器専門医)

 

高血圧症では、高い血圧を維持するために、強力な心収縮力の維持が必要です。そこで、収縮能低下による心不全にはなり難いと考えられます。しかし、現実には心不全となった症例を多く経験します。心不全をきたす原因が収縮能低下以外にもあるということです。今回は、その心不全に至るプロセスついて考えてみましょう。 高血圧症が、心不全に至るには、主として二つの経路があります。

一つは、肥大した心筋を栄養する血管に動脈硬化が進み、心筋への血液供給が不十分となり、心筋の虚血性変化や心筋間質の繊維化などが起こり、その結果心収縮能が低下するため。

もう一つは、心筋肥大のため左心室がしなやかに拡張できなくなり(拡張能障害)、左心室内圧が高いまま心房から血液が流入することになり、左室の上流にあたる左心房圧、肺静脈圧、肺血管床の圧上昇につながり、その結果、肺うっ血、右心不全をきたす経路です。

弾性ゴムにたとえて云えば、収縮能障害はゴムが伸び切ってよく縮むことができなくなった状態、拡張能障害はゴムが分厚く、硬く、しなやかに伸ばせない状態、と考えればわかりやすいでしょう。

両者は、臨床所見や、心エコー検査などから鑑別可能です

心不全は、その起こり方によって治療戦略が異なります。高血圧治療中にその兆候になるべく早く気付き、早めに手を打つよう配慮します。

2019/5/28 火曜日

『温灸』

Filed under: 鍼灸科, オープンキャンパス・学校見学 — yo @ 10:30:29

オープンキャンパスでは模擬授業内に実演も行います。

前回は、平野先生による『温灸』

IMG_9076_R.jpg

急に暑くなり、冷房の部屋にいることが多くなったのではないでしょうか。

涼しい!と感じますが、身体が冷え不調を感じてしまいます。

そんなときに『温灸』をすると、とても気持ちがよくすっきりした身体になりますよ。

2019/3/20 水曜日

ドクターハートのつぶやき

Filed under: プライベート — yo @ 12:16:24

脳卒中・循環器病対策基本法が成立しました

                                                        福岡医療専門学校  顧問 桑木絅一(循環器専門医)

昨年12月に、脳卒中・循環器病対策基本法(正式には、「健康寿命の延伸等を図るための脳卒中、心臓病その他の循環器病に係わる対策に関する基本法」)が、衆議院本会議にて全会一致で可決、成立しました。

この法律の基本理念は、

生活習慣の改善などにより循環器病の予防を推進する、

循環器病患者に対して迅速な搬送と適切な治療を行える医療体制を整備する、

医療保険者に対しては、行政が行う循環器病の予防の普及啓発などの施策に対して、協力を求める、というものです。

脳卒中、心臓病は、日本人の死因の上位を占めており、これを何とかしなければ、という動きは以前からありましたが、国民の意見の集約が得られず、その方策については、実動にはいたっていませんでした。このたび、国もやっと重い腰を上げ、国民を巻き込んでその予防、治療への取り組みを始めた、といったところでしょう。

われわれも、生活習慣病予防につとめる、健診を受診し二次健診も積極的に受ける、など身近で出来るところから、動脈硬化症の予防に配慮し、本法の趣旨を理解し、その活動に参加してみてはいかがでしょうか。

2019/3/14 木曜日

卒業式

Filed under: キャンパスライフ — yo @ 17:35:22

3/12に卒業式が挙行されました。
卒業生代表の言葉を述べた理学療法科米田翔也さん(写真右)と

平成27年3月に同理学療法科を卒業した兄の力也さん(写真左)
IMG_8350_R.JPG

Instagramで紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

卒業生のみなさん、本当におめでとうございます。

みなさんが社会で活躍する姿を楽しみにしています(^^)/

« 前のページ次のページ »

HTML convert time: 0.214 sec. Powered by WordPress ME.